久喜市 いしはた歯科クリニック|親知らずの抜歯(歯科口腔外科)

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずを入れると歯は全部で32本

親知らずを入れると歯は全部で32本

親知らずは歯磨きしにくい一番奥に生えてくる歯です。永久歯は全部で28本あり、親知らずが4本全て生えてくる方、1本しか生えてこない方など個人差はありますが、4本全てが生えると歯は32本になります。親知らずには『智歯』という呼び方もあり、賢さ、知恵がつく物事の分別がつく年齢(20歳前後)に生えてくる歯という意味で智歯とも呼ばれます。

埋伏歯抜歯(親知らずの抜歯)

埋伏智歯抜歯(まいふくちしばっし)とは、顎の骨の内側に埋まっている親知らずの抜歯のことを言い、歯科口腔外科でも最も多く行われている口腔外科手術の1つです。

親知らずは一番奥に最後に生える歯ですので、歯が生えてくるスペースが狭く、さらに生える方向が悪いと骨の中に埋まっていたり、完全に生えきらないことが多い歯です。

さらに親知らずは一番奥にあるため、食べ物のかすが溜まりやすく歯磨きしにくい場所ですのでとても虫歯になりやすい歯なのです。親知らずのケアを怠ると炎症が起き、さらには顎の骨にまで炎症が広まってしまうことも稀ではありません。
まっすぐ生えていて上の親知らずときちんと噛みあっており、なおかつ虫歯もなく、きちんと歯磨きが出来ている場合や完全に歯茎の奥深くに埋まっている場合は抜く必要は少ないと言えます。そうではないケース➡横を向いている時、中途半端に生えている時、虫歯になっている時に関しては親知らずは若いうち(20代、遅くても30代)に抜いたほうが良いです。これは若いうちに親知らずを抜くことで治癒が早いこと。親知らずの手前にある歯に歯周病(歯周ポケット5ミリ以上)が生じてから抜歯をするとそこには歯周ポケットが残り、再度歯周外科処置が必須になります。歯周ポケットが浅い2,3ミリのうちに親知らずを抜歯することは必ず患者さんの為になります。

他院では難しいと言われた抜歯でも、まずはご相談ください

当院には大学病院口腔外科に所属していたドクターが勤務しております。口腔外科専門医として大変有能ですので他院では難しいと言われた神経(下顎管)に近い横を向いた親知らずの抜歯にも対応可能です。
コロナ禍の状況で遠くの病院に行かなくても当院で難しい親知らずの抜歯が可能です。
親知らず抜歯の場合、下顎管や上顎洞との位置関係を確認するために必ずCT撮影(撮影料は3500円程度)を行っておりますので
ご了承下さい。

お口の怪我

お口の怪我

何かにぶつけて口を怪我してしまった場合、すぐに当院に電話をし、ご来院ください。唇や粘膜が切れてしまった場合そこから感染する恐れがあります。早めの処置が必要です。

また、ぶつけて歯が抜けてしまった場合や、ぐらぐらしていた歯が抜けた場合もすぐにお電話ください。早めの処置で歯を残せる可能性が高まります。抜けてしまった歯は、軽く水洗いしてください。(決して根元は強くこすらないように)
来院するまでの間、何かの容器に牛乳を入れ、その中に抜けた歯を入れてご持参ください。もし牛乳をご用意できない場合は、お口の中に入れてご来院ください。
その際、間違って噛んだり、飲み込まないように気を付けてください。

お口の怪我は早めの処置が大切です。
お口に何か問題が起きてしまったら、すぐにご連絡ください。

© 2012 医療法人社団 樹伸会 いしはた歯科クリニック
    求人お祝い金支給!!

PAGE TOP