久喜市 いしはた歯科クリニック|マイクロスコープ

マイクロスコープ

公開日:2021/09/27

マイクロスコープ治療 録画

マイクロスコープ いしはた歯科・久喜市

マイクロスコープとは、お口の中の細菌を顕微鏡で確認したりすることではなく、脳外科などの手術に使われる顕微鏡を用いながら虫歯を削ったり、根管治療やかぶせものの適合状態の確認などといったほぼすべての診療で細かい歯科治療を行うための器械です。

歯科治療のほとんどが口の中という限られた空間で何ミクロンと細かな処置が求められますが、マイクロスコープを使用する事により、明るさを確保でき、拡大率も3倍~20倍と高く、診療の様子を録画保存することもでき情報量が多くなり、より患者様おひとりおひとりの口腔環境にあわせた診断と治療が可能となります。

当院ではペントロン社のマイクロスコープを導入しております。

マイクロスコープの利点

照明機能(ライト)があり、歯科用照明装置と違い、ドクターの目線とほぼ同じ角度で照射されるため、影ができず、歯の内部がはっきり見える。

肉眼では見過ごすような根のヒビや未治療部分を発見しやすい
暗くてせまい部分の虫歯や歯石の取り残しがない
まっすぐな歯の根(神経)なら根の先まで見える
治療がより正確にできるので、トラブルや失敗が少なくなる
画像や映像を撮影・録面できる
治療時の利点
マイクロスコープによる精密根管治療
マイクロスコープがその力を発揮するのが、この根管治療です。
従来、根管治療は歯科医師の「手先の感覚」のみを頼りに行われてきました。
その結果、不十分な治療となったり、根の中で道具が折れてしまうこともしばしばあったようです。

しかし、マイクロスコープを用いて、拡大した視野で、実際に根の中を見ながら治療を行うことができます。
また、今まで不可能だった以下のような治療も可能となりました。

根の中で折れた道具の除去

・根に開いた穴を塞ぐ治療
・ひびの入った歯の修復

精密根管治療中に唾液の侵入を防ぐ事は根管治療の成功の必須です。
ラバーダムとは、治療する歯以外の部分を被うゴムでできたシートの様なものです。
ラバーダムを装着することで、お口の中のいろいろな細菌や唾液が根管に侵入するのを防ぎ、又、根管の中を洗浄する際の薬剤等がお口の中に漏れることはありません。

© 2012 医療法人社団 樹伸会 いしはた歯科クリニック
    求人お祝い金支給!!

PAGE TOP