久喜市 いしはた歯科クリニック|唾液を出す6つの方法

唾液を出す6つの方法

公開日:2016/11/30

今回は、唾液を出す6つの方法について紹介していきます。

唾液の分泌を促す具体的な方法をお伝えしますので、すぐに実践することができます。

簡単にできる、かつ効果が高いものからお伝えしていきますね。

1、舌ベロの運動
2、水分補給
3、だし昆布を口の中に入れる
4、ガムを噛む
、声を出す
6、咀嚼回数を増やす
7、リラックスをする

1、舌ベロの運動

舌ベロを前に出したり、引っ込めたりを数回繰り返し行います。
次に、舌を限界まで前に出した状態で、唇を舐めるように3周します。
右回り、左回りそれぞれ行ってください。
舌を大きく動かすことで唾液が分泌されます。
毎日舌を動かすことで、舌の筋肉も鍛えられるため、唾液が分泌されやすくなります。

2、水分補給

唾液を出すためには水分補給を積極的に行いましょう。
体内の水分が不足していると、唾液が分泌されにくくなります。
飲むタイミングは、食事と食事の間や歯磨き後、起床直後、就寝前がおすすめです。
1回に飲む量はコップ1杯を目安にしてください。
コーヒーや緑茶、ウーロン茶を水分補給と考えている人もいますが、利尿作用があるため、飲みすぎると口が乾燥してしまいます。
また、ジュースや牛乳などは口内を酸性化するため、口臭が発生しやすくなります。

3、だし昆布を口の中に入れる

口内に物を入れることで、唾液腺が刺激され、唾液が出るようになります。
特に、だし昆布は唾液に触れても溶けにくく、口内の細菌が増えるのを防ぎます。

出し昆布は長方形(幅1センチ×高さ2センチ)の大きさにカットし、舌で転がしながら唾液で溶かすようにします。
口に含んでいる間は、だし昆布を噛まないように注意してください。
だし昆布が溶けるまでに時間はかかりますが、細菌の繁殖を防ぎながら唾液の分泌を促すことができます。

4、ガムを噛む

キシリトール入りのシュガーレスガムを噛むことで唾液を出すことができます。

味が消えてもガムを噛み続け、舌でコロコロ転がすことで、唾液腺が刺激されます。

5、声を出す

実際に声を出すことで、口周りの筋肉が動き、唾液腺が刺激されます。
発声方法に決まりはありません。
「あいうえおか・・・を順番に言う」「早口言葉を繰り返す」なんでも構いません。
自分に合った発声を行うことで、副交感神経が活発化され、唾液も分泌されやすくなります。
1番で紹介した「舌ベロの運動」とセットで行うことで、より唾液を出すことができます。

6、咀嚼回数を増やす

食事を良く噛むことで唾液腺が刺激されることで、唾液が出るようになります。
1回の食事では、30分から1時間くらいかけて食べることで、唾液を十分出すことができます。
ただ、現代社会では、「仕事が忙しい」「食べ物が柔らかくなった」ことから、1回の食事にかける時間が短縮されています。
1回の食事時間の平均が約10分とも言われています。
短時間の食事は、唾液が不足する原因になるため、注意してください。

7、リラックスをする

リラックスすることで、副交感神経が刺激され、サラサラな唾液が分泌されます。
胃腸の働きも良くなり、食事の消化にも良い影響があります。
一方、「緊張」「不安」「悩み」などストレスを抱えていると、交感神経が刺激されてしまい、口内がネバネバしたり、カラカラしたりと唾液が分泌されにくくなります。

サラサラの唾液を分泌するためには、舌の運動や食事を良く噛む、水分補給をしっかり行うことが大切です。
また、ストレスを溜めないことも大切です。
唾液には、細菌から歯を守る役割もあるため唾液が少ないと感じる方は、今回紹介した方法をぜひ試してみてください。

久喜の歯科・歯医者
いしはた歯科クリニック

院長 石幡一樹

© 2012 医療法人社団 樹伸会 いしはた歯科クリニック
    求人お祝い金支給!!

PAGE TOP